ほうれい線が出来る原因とは?くっきり出来てしまっても毎日ケアをすれば治るの?

女性にとってほうれい線は敵です。ほうれい線が出来てしまうとかなり老けて見られてしまうので、若若しくいたいと思う人にとってはほうれい線がくっきり出来ている事がかなりコンプレックスに感じてしまう人もいるでしょう。

そもそもほうれい線はなんで出来てしまうのでしょうか?

ほうれい線は、小じわの延長で出来るものです。小じわはなんで出来るのでしょうか?それは、毛穴のたるみが原因です。年齢を重ねてくると肌の弾力がなくなってしまうので、毛穴を支える力が弱くなってしまいます。

すると、重力に負けてしまい毛穴が細長くなってその毛穴が集まって小じわが出来ます。毛穴がたるんでしまうのは、加齢だけではありません。

生活習慣が原因でも毛穴がたるむ原因になります。例えば、タバコや睡眠不足です。タバコを吸う人は、美肌効果が高いといわれているビタミンCを破壊したり、ニコチンで血管が収縮するので血行が悪くなります。

すると、肌の新陳代謝が悪くなってしまい肌細胞の生成を妨げられてしまいます。その結果、肌の弾力がなくなってしまい毛穴が開いてしまう状態になる可能性があります。

人によっては、若いのにほうれい線が出来てしまう事もあるので若いからほうれい線が出来ないわけではありませんスキンケアがしっかりできていなければできる可能性は充分にあります。ほうれい線ができてしまうと若いのイ老けて見られるので早期の対策をお勧めします。

ほうれい線を改善するには、保湿が大切

ほうれい線はたるみが原因なので、たるみを改善する事が大切です。お肌のコラーゲンがなくなる事が原因で、弾力が失われています。真皮の繊維の約70%がコラーゲンでゴムのような弾力がある繊維です。

細胞ではないので、表皮細胞のようにターンオーバーで生まれ変わって出てくる事がないのでどんどん時間とともに劣化していき、古いゴムのように弾力がなくなってしまうんです。

線維芽細胞から新しいコラーゲンが生まれるのですが、40代以降は再生が上手くできないのでコラーゲンの質がどんどん悪くなってしまうんです。

だから、コラーゲンやエラスチンが含まれている化粧水や化粧品を使うのがお勧めです。美容成分がしっかりと浸透する事で、コラーゲンを追加する事が出来ます。

化粧水でしっかり保湿して上げれば毛穴も開きますし、インナードライの改善にも役に立ちます。洗顔した後は、しっかり保湿する事を忘れてはいけません。